2017年10月15日日曜日

moddファイルが勝手にアップロードされる

Picasaの後継として仕方なくPMBを使っているが、このソフトは拡張子moddのファイルを勝手に生成してしまう。

moddはPMBの管理ファイルで画像ではないのだが、なぜかバックアップと同期で画像と動画だけバックアップを選択していても、このmoddがバックアップされてしまう。

おそらくファイル名にjpgが入っているのでこれを見てバックアップ対象としてしまっているのだろうか。

ローカルガイド(Googleマップ)、重複が指摘できないときは

Googleマップにあからさまに登録が重複しているときがある。

赤羽駅が重複している。


登録を見ると、Takashi NAGAI(バカ)くんが登録しているようだ。


だが「情報の修正を提案」をクリックしても重複を指摘する項目はない。



もう予想はついているかもしれないが、修正をするには、マップから検索をかける。


そしてこの画面から情報の修正を提案すると・・・


無事に現在の状態について「重複」などの提案ができるようになる。
Googleほどのところでもこういったインターフェースの不備がある。

ローカルガイド(Googleマップ)、閉店した店への口コミを投稿するには

店名を検索すると、ステータスが「閉業」で口コミが投稿できない場合がある。
その場合は、マップを開き、メニューから「地図に載っていない場所を追加」
→店の住所を入力
→「追加しようとしたのはこの場所ですか?」と確認ダイアログが出る
→チェックを入れて「場所の詳細を表示」
→次の画面で店が表示され、口コミや写真を投稿することができる。

・・・ここまで書いてきて気づいたが、普通にマップを開いて検索ダイアログで店名検索しても同じことができた。

2017年10月14日土曜日

ローカルガイド(Googleマップ)、自分が評価した場所を確認するには「Googleテイクアウト」

googlemapを開いていちいち読み込んでいくのは大変すぎる。
そこでGoogleテイクアウトが便利。
https://takeout.google.com/settings/takeout

ここでマップを選ぶことにより
json形式で自分の投稿記録をダウンロードすることができる。

あとはそれを開いて検索すればよいだけ。

PublishedやUpdatedのパラメータがあるので、
投稿した日や更新した日もわかる。

だが残念ながら紐付けてUPした写真についてはわからないようだ。
せめてファイル名がわかればよかったのだが。

バックアップと同期は2種類

「バックアップと同期」は、通常のものとGoogleフォトのページからダウンロードするものの2種類あったようだ。
前者であれば写真と動画だけバックアップすることが可能。
しかしなぜアプリ名とファイル名を全く一緒にしているのか不可解。

2017年10月11日水曜日

パワーポイントの回復

パワーポイントはウインドウズアップデート→再起動で回復した。

再起動自体は昨日何度もかけているので、ウインドウズアップデートに原因があったということか。

パワーポイントが編集できない

以前にも似たようなことがあったが、そのときはメモリ不足が原因で、メモリの空き容量を確保すれば状況は回復した。
しかし今回は同様の方法ではうまくいかないようだ。



アウトラインペインにスライドのサムネイルが表示されず、グレーアウトしている。
スライドをクリックしても切り替わらない(キーボード操作でスライドを進める/戻すことはできる)。
スライドのテキストを編集できない(キャレットが出ない)。

昨日から突如出現したこの現象。
今のところ回復の兆しはない。